子供のためのマンション選び

マンションの良し悪しが高齢者世帯の増加に伴って住環境と生活環境を併せ持つコミュニティー型に移行しています。

子供のためのマンション選び

住環境と生活環境を併せ持つマンションを望む高齢者

マンションの良し悪しは物件自体の設備面で得られる住環境だけでなく周辺地域の生活環境を見たうえで物件を利用する全員の立場から判断する必要があります。従って、良し悪しの判断基準として物件利用者の誰がどの項目にウエイトを置くかで判断が分かれてしまいます。例えば、家族の中に雑踏の街中にあっても日常生活品の買い物に便利な、最寄駅に近い場所を良いと思う人がいても、雑踏が嫌で駅から離れていても静かな住宅街の方が良いと思う人がいると、お互いの条件を満たす環境に建つマンションを見つけることが難しいことになるわけです。
一般的にマンション購入の際は販売価格と延床面積及び室内設備のグレードや駅までのアクセス或いは日常生活に必要な消費財の購入しやすさ程度を判断材料にして良し悪しを判断しがちですが、高齢者の多い家庭が増えつつあるので、バリアフリー設備やエレベーター台数あるいはセキュリティー機能や火気のないオール電化などを要望するケースが増えてきています。また、最近は、省エネ意識が高まってきたので、首都圏といえども遮音性や断熱性の点から窓のペアガラス化や二重窓化など住まい自体の環境面に目が向いているように思えます。
一方、首都圏中心部や臨海部の工場跡地などの再開発地域で規模の大きな高層マンションを建てるケースが人気を呼んでいます。これはその再開発地域内に生活に必要な機能が集中しているコミュニティー型が利便性ゆえに人気が出ているからのようです。高齢者世帯は身体機能がある程度低下することが避けられないので、住環境と生活環境上の視点から店舗群だけでなく、集会所、文化施設やスポーツ施設更に金融機関或いは医療機関があって徒歩圏に公園や緑地帯を配したコミュニティーが望ましい環境といえるでしょう。

Recommend

Copyright (C)2017子供のためのマンション選び.All rights reserved.