子供のためのマンション選び

環境問題が取り上げられる昨今、マンションにも環境を意識した建て方や評価基準があるようです。

子供のためのマンション選び

環境に配慮したマンションが増えています。

環境への意識が高まる中、マンションも環境に配慮した建て方が注目されています。省エネ性や周辺環境との共生度合いをランク付けで評価する自治体も出て来ています。都市型のマンションに増えているようですが、具体的にはどういった点に配慮しているのでしょうか。
評価基準は自治体によって違いますが、例えば省エネ性で言えば、設置してある設備の省エネ性を評価します。またエアコンの使用を抑えられるかどうかの断熱性も評価されます。他にもCO2の削減率や太陽光発電を利用した再生可能エネルギーの利用度合いなどを評価対象にしているケースもあります。興味深いのは建物構造による寿命を対象にしているケースです。建物寿命と環境に何の関連があるのか、と思いがちですが、実は建物を解体し処分することはかなり環境に影響します。つまり廃棄場所に困るという点です。木造のように焼却処分が出来ないコンクリート製ですので、解体までの期間を長くすることで環境に配慮した効果が出ると言うわけです。更に、建物敷地内に一定規模以上の緑を植えているかどうかで評価するケースもあります。周辺緑化については緑地面積を義務付けている自治体もあるくらいで、周辺との共生を重要視しています。マンションによっては屋上緑化を採用しているケースもあり、環境と言えば緑、を意識しているケースは多いようです。金融機関によってはこうした環境に配慮したマンション向けのローンも販売しており、今後ますます広がりを見せるものと思われます。

Copyright (C)2017子供のためのマンション選び.All rights reserved.